Past Diary : 2016 September
(過去の日記)
2016年9月1日(木曜日)
MTG 秋季公式発表

 今年から春と秋に一気に発表されるようになった、今後発売される製品の情報。今回発表されたのは (英語公式情報) 以下の製品 (時系列) 。

  • アモンケット/Amonkhet (AKH)
  • 2017年4月28日発売
  • 久々に登場のニコル・ボーラスが支配する (多分) 初登場の次元が舞台、の模様
  • Commander Anthology (CMA)
  • 2017年6月9日発売
  • 収録されるデッキは「天界の業火」 (初代統率者) 「回避態勢」 (統率者2013) 「自然の導き」 (統率者2014) 「墓場の略奪」 (統率者2015) の4つだそうです

 新しいブロックの名前も初お目見えしましたが、目を引くのはモダンマスターズ2017年版でしょうか。主な再録範囲を見る限り、《血染めの月/Blood Moon》、《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》、《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》辺りが目玉になりそうな感じですが、どうなるかなぁ。

2016年9月5日(月曜日)
カラデシュのメカニズム

 世界選手権に合わせてカラデシュのカードが一気に沢山お披露目されていますが、それに合わせてメカニズム記事が公開されました (英語版/日本語版) 。

 メカニズム記事を見る限りだと、極端にアーティファクトに寄った感じではないのかな? と言う印象 (機械的なものは多いけれども) 。あとエネルギー・カウンターを記号化しているのは、目新しさのためもあるだろうけど、文章量を減らすための施策なのかなと思ったり。

 # 考えてみれば、エネルギー・カウンターってプレイヤーが持つ3つ目のカウンターになるのか (過去に登場したのは毒カウンターと経験カウンターの2つ……のはず) 。

2016年9月6日(火曜日)
KLD Preview 1日目

 「カラデシュ」の発売を約3週間後に控え、新作発売前恒例の公式プレビューが今日から始まりました。

 世界選手権や PAX でかなりの枚数のカードが発表されました。今回のレア土地枠は対抗色ミラディンの傷跡ランド。

2016年9月7日(水曜日)
KLD Preview 2日目

 「カラデシュ」公式プレビュー、今日は5枚が発表されています。

 チャンドラがカラデシュに帰還して、遂に本気モード (能力4つ持ち) で登場。次の環境、赤は復権できるのか否か。

 そう言えば、新しい構築済みデッキの形態になる「プレインズウォーカーデッキ」にのみ登場する2種類のプレインズウォーカー (登場の経緯は公式サイトに記事があります) は、カラデシュが使える環境なら構築戦で使用可能です。

2016年9月13日(火曜日)
KLD Preview 6日目

 「カラデシュ」公式プレビュー、今日は2枚が発表されています。

Masterpiece Series: Karadesh Inventions

 去年 Zendikar Expeditions が発表された時もビックリしましたが、今回からそれを「Masterpiece Series」として定着化させる事になったようです。今回は「Karadesh Inventions」と言うタイトルなのだとか。

 今回のカラデシュブロックはアーティファクトがメインのセットなので、Masterpiece Series: Karadesh Inventions として入るカードは全てアーティファクト。「カラデシュ」で30種類、「霊気紛争」で24種類が再録。

2016年9月23日(金曜日)
気がつけばカラデシュプレリリース直前

 今回は深夜プレリリースに行きたいなぁと思っていたのですが、どうにも体調が宜しくないので断念 (汗) 。

 # 一気に気温下がったからなぁ……。

サイト最新更新日時 : 2017年10月18日 (水曜日) - 17:30
Contents Total: 892,196 (Y: 5 / T: 15)
2017年
2015年以前

掲載を終了しました